• page-m8

「やばい」っていくつ意味があるの?

更新日:5月2日



「やばい」って何種類の意味があるのでしょうか?


プラスの意味もあって、マイナスの意味もあって、、

話す人の表情や、文脈から読み取らなければなりませんよね


この本では9種類紹介されていました



13歳からの「気もちを伝える言葉」事典 語彙力&表現力をのばす心情語600 コツがわかる本ジュニア

「魅力的」から「不気味」まで、ほんと範囲が広いです(笑)


心情をあらわすことば「心情語」

何かイヤなことが起きたとき、思わず同じことばを使ってしまいませんか?


「やばい」「うざい」「むかつく」など、

無意識に連呼してしまう言葉があると思います


でもそのような言葉は、感情の細かな違いまでは表現できないですよね




心理学で「感情のラベリング」という方法があります


いま自分が抱いているネガティブな気持ちを、適切な言葉でラベリングすることで、

ストレスを緩和したり、ストレス耐性を高めたりする効果があるとされています


たとえば「うざい」という気持ちであれば、

「いまいましい」「うっとうしい」「鼻につく」などの言葉を使うことができれば、その時々の心情をうまくあらわすことができると思います




そういった、心情をあらわすことば「心情語」をこの本では紹介されていました


「知っているようでビミョーなことば」や「絵文字(スタンプ)ですませがちなことば」でまとめられていて、分かりやすい本でした

※現在「Kindle Unlimited読み放題」対象になっています


13歳からの「気もちを伝える言葉」事典 語彙力&表現力をのばす心情語600 コツがわかる本ジュニア



特に、SNSのコミュニケーションが多くなった近年は、スタンプや「いいね」だけで会話できるので、ボキャブラリーが減ってきているといわれています


タイトルに「13歳からの」とあるように読みやすい本ですので

お子様と一緒に読まれてはいかがでしょうか?

ぜひ気になった方はチェックしてみてください!




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示