• page-m8

「勉強」より「ゲーム」しない?

更新日:5月2日



正反対で使われることが多いですが、実は境界線はあいまいです。



Studyの語源「夢中になる」

勉強するの英語「Study」、語源は「夢中になること」といわれています。


なので、「勉強」って聞いたときに思い浮かべる堅いイメージ、

机に座って本を読む、ノートを書くってことだけが「Study」ではなく、

走ったり、スポーツしたり、ゲームしたり、、

「夢中になること」っていろいろあると思います。


特に、こどもたちが夢中になって続けてしまうことといえば、

「友達と遊ぶこと」や「ゲーム」


それを利用し、「学習×ゲーム」を紹介しているのが本書です。


「勉強しなさい」より「一緒にゲームしない?」:新型学習塾の最先端授業 学習×ゲーム をおうちで体験!



夢中でゲームに取り組むことで、結果として「学び」になっている状態を目指します。


初耳ことば想像ゲーム、漢字ツクールなど、

全部で30種類のゲームを紹介しています。


ぜひチェックしてみてください!



「夢中になる」=「探究」

「夢中になる」を言い換えると「探究」という言葉になります。


この「探究」が、いまの教育界で注目されています。


高校では、2022年度から「総合的な探究の時間」がはじまっており、

「探究」という名のつく科目がたくさん新設されています。



総合的な探究の時間  第1目標  探究の見方・考え方を働かせ,横断的・総合的な学習を行うことを通して,自己の在り方生き方を考えながら,よりよく課題を発見し解決していくための資質・能力を次のとおり育成することを目指す。 1、探究の過程において,課題の発見と解決に必要な知識及び技能を身に付け,課題に関わる概念を形成し,探究の意義や価値を理解するようにする。 2、実社会や実生活と自己との関わりから問いを見いだし,自分で課題を立て,情報を集め、整理・分析して,まとめ・表現することができるようにする。 3、探究に主体的・協働的に取り組むとともに,互いのよさを生かしながら,新たな価値を創造し,よりよい社会を実現しようとする態度を養う。

引用:文部科学省「高等学校学習指導要領(平成30年)




キープオンでも、

「よのなか科」という授業を実施して、探究型学習を進めております。


よのなか科は、藤原和博氏が提唱されたアクティブラーニングで、

よのなかの身近なことをテーマに、いくつかのワークを通して理解を深めていく授業です。


少しでも興味がございましたら、ご連絡いただけるとうれしいです。


ご拝読いただきありがとうございました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示