• page-m8

ゲームアプリはどうやってつくるの?



ゲームアプリができるまでを、かんたんにお話しします。


大まかに分けると3つの流れでつくります。

1、どんなゲームにするのか考える

2、どのOSで動くアプリにするか決める

3、プログラミングでゲームを制作する




どんなゲームにするのか考える

まずは、どんなゲームにするのか、ゲームの内容について。

みなさんそれぞれ好きなゲームがあるかと思います。

その好きなゲームはなんで楽しいのでしょうか。ちょっと考えてみてください。



たとえば、1回攻撃しただけで勝てるゲームがあったらどうでしょう?


かんたんに勝てるかもしれないけど、面白くはなさそうでよね。。




反対に、超難しいゲームだとどうでしょう?


むずかしすぎると、やる気がなくなってしまいますよね。。


ということは"がんばればクリアできる"くらいの難易度が良さそうですね!

これが、楽しさの秘密だといえそうです。




また、ゲームにはさまざまなジャンルがあります。


RPG、アクション、シューティング、パズル、レーシングなど

いろんなジャンルのゲーム、ありますよね!

そのそれぞれに、楽しさの秘密がありそうです。


たとえば、主人公が冒険する「RPG」は、ストーリーだったり、敵やアイテムの設定によって楽しさが変わりますよね。

レーシングゲームやスポーツゲームだと、映像のリアル感や、コントローラーの操作感によって楽しさが変わってきます。



ゲームを作る人は、

「どうしたらプレイする人が楽しめるか?」

「どうしたら飽きずにプレイし続けてくれるか」

を、いっぱい考えて色々な工夫をされています。

ゲーム内容を考えることは、ゲームをつくるうえで一番重要なところです。



どのOSで動くアプリにするか決める

ゲームの内容を考えるには、どのOSで動くアプリにするかも一緒に決める必要があります。

パソコン・ゲーム機・スマホ、どれでプレイするかでゲーム内容も違ってきますよね。


OSとは、一般的なコンピュータには必ず入っているソフトウェアです。

コンピュータに1つだけ入っていて、コンピュータ全体を制御しています。

パソコンでは、マイクロソフトの「windows」やアップルの「macOS」。

スマホやタブレットでは、アップルの「iOS」やグーグルの「Android」が有名です。



アプリは、OSのルールにしたがって動くように作られています。

そのため、OSごとにアプリをつくる必要があります。

たとえば、「iOS」向けのアプリを「Andoroid」でプレイすることはできません。どのOSでつくるのかということも重要になります。


プログラミングでゲームを制作する

ゲームの内容とOSが決まったら、制作に入ります。

教室受講生のみなさんは馴染みがある「プログラミング」をしていきます。


プログラミング言語を使ってコンピュータに命令を出していきます。

このように英字と数字がならんだをキーボードで入力し、

「順次」「条件分岐」「繰返し」などの命令を出してゲームをつくっていきます。



ちなみに、プログラミング言語は様々な種類があり、なにをやりたいかによって使う言語も変わります。

それらを覚えてプログラミングするまでには、結構時間がかかるんですね。。

そこで登場したのが、言語を使わない「ビジュアルプログラミング」です。

プログラム要素をドラッグ&ドロップで組み合わせることで、プログラミングをすることができます。



そうして完成したアプリは、「アップルストア」や「グーグルプレイストア」で販売されます。

それを購入してインストールすることで、私たちはゲームを楽しくプレイすることができているのです。



以上、大まかなゲームアプリのつくりかたをお話ししました。

いま、ゲームクリエイターになりたい人、たくさんいらっしゃると思います。

「どうしたらプレイする人が楽しめるか」

「どうしたら飽きずにプレイし続けてくれるか」

このことをいっぱい考えることが一番大切だと、私は思います。

ぜひ頑張ってくださいね!



キープオンラボは、プログラミングを身につけたい方を応援しております!
















おすすめ本

コンピューターってどんなしくみ?: デジタルテクノロジーやインターネットの世界を超図解 (子供の科学★ミライサイエンス)


コンピュータ、どうやってつくったんですか? はじめて学ぶ コンピュータの歴史としくみ

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示